東京都が都政改革本部を設置し、業務の適正化に向けた改善策の検討を進めており、その取組の一環として公益通報制度を拡充させ、新たに弁護士による外部窓口が設置される事になりました。

広く法令違反行為を対象とした通報も受け付けております。

詳細を以下の通りご紹介いたします。

【通報対象】

東京都の事務または事業の管理・運営・執行等に関わる行為について、法令違反(都条例違反も含む)の疑いがあるもの。

【通報方法】

所定の様式によりメールかFaxで弁護士事務所へ通報

【通報出来る人】

都内に在住・在勤・在学の方、都の施設利用者

※法令違反に関する客観的な事実が示されば場合は、匿名による通報も可能

【通報後の対応】

通報があった行為や事実に対して、必要に応じて調査・是正措置を実施

【秘密保持等】

通報者の氏名・連絡先等、個人が特定される情報の秘密は保持され、また、通報を行なった事による不利益な取り扱いはありません。 

お困りの方はご相談してみて下さい。

 

【ご注意下さい。】

東京消防庁の事務等に関する事は、東京消防庁の窓口にご相談下さい。

学校等に関する事は、教育委員会(教育庁)の窓口にご相談下さい。

警視庁の事務等に関する事は、この制度の対象外です。

 

東京都HP【東京都公益通報制度について

http://www.tokyokoekituho.metro.tokyo.jp/

 

東京都HP【通報先一覧

http://www.tokyokoekituho.metro.tokyo.jp/tuhosaki.html