梅雨の時期、天気予報の賑わす時期に携帯必須アイテムの「折りたたみ傘」

ちなみに、誕生は1928年のドイツで、ドイツ人工学士のハンス・ハウプト̪氏によって、骨軸を独自のピンで固定し傘が強風なで閉じてしまう事を防ぐシステム(ポール・ロック・システム)を考案したことによって「折りたたみ傘」が誕生しました。

ご存知ですか!?世界での折りたたみ傘の使用率

  • 世界:55%
  • 日本:21%

日本人にとって、「折りたたみ傘」のイメージは

  • 広げる・たたむのが面倒くさい
  • 強風が吹くと簡単に壊れる
  • ダサいイメージがある…

しかし、現在は劇的に進化しているのです。

ぜひ、機能性・利便性・デザイン性にすぐれた「折りたたみ傘」を携帯されてみてはいかがでしょうか。

機能性・利便性・デザイン性・安全性で選ぶならこのおすすめ「折りたたみ傘」をご紹介

●ドイツの老舗ブランド:ボタン一つで簡単開閉操作 【デザイン性と機能性を両立/高度な安全性・優れた耐久性・心地よい肌触り/風を受け流す優れた耐久性】

ポイント:1928年にドイツで生まれた折りたたみ傘。その構造を考案したKnirps(クニルプス)は、折りたたみ傘の代名詞。そのハイセンスで機能的な傘は、全世界の人に愛されています。

風にも強いグラスファイバー使用で、さらに、傘全体を支える骨の中心を太く先端はしなるようにする事で風を逃がす構造
しかも、強風で反り返ったとしても開閉ボタンを押せばもとに戻るウィンドプルーフ・システムを採用

クニルプス(Knirps) TS.220 折りたたみ傘

●日本海の豪雨・豪雪を跳ね返す最強の折りたたみ傘【悪環境に特化したタフ構造/70㎝ワイドタイプ】

ポイント:支柱を合金で補強し強度をアップ。8本骨のタフ構造の為、重量があるのでお手軽傘とは言えないが、豪雪豪雪時には必須のアイテム

※waterfront(ウォーターフロント)とは……
東京・自由が丘で生まれたwater front(ウォータフロント)は様々なアイディアで傘の革命を起こす日本ブランド

waterfront(ウォーターフロント)  70cm 富山サンダー 折りたたみ傘

●薄くて・丈夫な最小タイプ:でも台風にも耐えられる折りたたみ傘【最軽量/最小/耐強風/ナノテク強力撥水】

ポイント:72g最軽量(シマホの半分の重さ)、しかし、強くて軽いカーボンファイバーを採用している為、強風15mの強風にも耐えられる構造、常に携帯出来る折りたたみ傘

【Amvel】Pentagon72(ペンタゴン72) 進化した世界最軽量級72g 折りたたみ傘

●ダサいイメージを覆す、とにかくおしゃれな12本骨折り畳み傘江戸

ポイント:12本骨にすることで和傘のように優雅な丸みを持ち風にも強い構造で、ちょうどよい大きさのモダンな「とにかくおしゃれ」な折り畳み傘、

マブ(Mabu) 紅 × 七宝 12本骨 折りたたみ傘江戸

●彫刻家が作ったさす芸術品:マダム・美大女子の為の折りたたみ傘

ポイント:花のマーガレットがモチーフにつくられたおしゃれすぎる折りたたみ傘、12本骨&グラスファイバー骨構造

ディチェザレ デザイン マルガリータ スーパーミニ 折りたたみ傘

●リュックやハンドバックも雨から守るビジネスマン・スポーツマンにお勧めの折りたたみ傘

ポイント:軸をずらし左右非対称にすることでリュックやハンドバックを雨から守ってくれる実用性抜群の折りたたみ傘

waterfront(ウォーターフロント) ブラック 55cm バッグに優しい傘

●子どもにも安心・先端恐怖症の工学士が作った折りたたみ傘【軸が回転する耐風傘:安全性アップ】

ポイント:先端が丸く回転もする為、傘同士がぶつかっても衝撃を逃がす安全設計、カラーも豊富

BLUNT(ブラント) + MOONBAT(ムーンバット) 「XS_METRO」メトロ 全8色 折りたたみ傘