祝【第27回危険業務従事者叙勲】

10月8日、政府は【危険業務従事者】3621人に“危険業務従事者叙勲”を授与いたしました。

本当におめでとうございます。また、感謝申し上げます。

この【危険業務従事者叙勲】は、警察官や自衛官・消防吏員等で危険性の高い業務に従事した55歳以上の元公務員が対象の日本の栄典制度でございます。

先日、渋谷のみずほ銀行渋谷支店で“爆発物”騒ぎがありました。

結局、外国人の男による迷惑行為(威力業務妨害容疑で逮捕)で済みました。

その際に、命をかけて任務に就く“爆発物処理班”が出動しております。

このような方々がいるからこそ、日本の安全・治安は守られていると痛感いたします。

で、今回のこの【危険業務従事者叙勲】についてお話しさせて頂いたのは“危険業務従事者叙勲”の事をお伝えしたいだけではございません。

さらにお伝えしたかった、声を出して訴えたかった事は、“建設業界“にも“危険業務従事者”が多くいると言う事です。

そして、その方々にも是非【危険業務従事者叙勲】を授与して頂きたいと言う事でございます。

現在では様々な法律(労働安全衛生法など)や安全防具・重機・機材などにより、危険な作業をより安全に行えるようになりました。

一昔前までには、『黒部ダム建設』『東京タワー建設』などで命をかけて作業を行なった職人(作業員)が多くおりました。

現在では、一昔前の様に危険な作業・作業現場は無くなりましたが、それでも、様々な法律(労働安全衛生法など)や安全防具・重機・機材でも、安全を保障する事が出来ない難しい、現場・作業があり、その危険な作業に従事する職人(作業員)は多く存在します。

このような職人(作業員)にも是非【危険業務従事者叙勲】を授与して頂きたいと願っております。

話しが長くなってしまいましたが、このような“声”をかなり微力ではございますがあげて行こうと思っております。

皆さまにおかれましても、この機会に建設業界の【危険業務従事者】に目を向けて頂ければ嬉しく思います。

是非。

 

kensetu_jyukun

 

便利屋本舗世田谷店

飯島