公式:有限会社便利屋本舗世田谷店 (目黒区・渋谷区同額):ゴミ屋敷・空き家の粗大ごみ・不用品片付け、お庭の草むしり・剪定、さらにはワンルームの引越、遺品整理、事件現場(孤独死、自殺)の清掃・オゾン消臭からゴキブリ退治、汚物回収、動物の死骸処理まで 【深夜・早朝対応可】【年中無休】【24時間体制】1時間2,000円~何でも屋

MENU

猫にあげて「駄目な食べ物」

猫にあげて「駄目な食べ物」

  • タマネギ・長ネギ・ニンニク…
  • チョコレート・ココア・甘いお菓子類
  • カフェイン・アルコール飲料・コーラ
  • ぶどう・レーズン
  • 貝類・生の青魚・生の魚介類全般
  • 豚生肉・大量のレバー
  • アボカド
  • 人間用の牛乳
  • 人間用の食べ物

上記のは、主な食べ物です。
無論、上記以外でも食べさせてはダメな食べ物は多くございます。
ネット情報や・勝手な思い込みなどは危険です。
必ず、動物病院の先生に確認するようにして下さい。

タマネギ・長ネギ・ニンニク…

猫だけでなく、犬にも与えては駄目な食べ物の代表と言ってもよいかと思います。
ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球を破壊し“溶血性貧血”の原因になります。
人間と猫では血液の構造が異なるので、猫が食べると吐き気や下痢が起こったり、心拍数が上がって赤~チョコレート色の尿が出たりします。加熱した状態でも同じです。人間用の料理を愛猫に与えるのは、食べる猫にとってはかなり危険な行為です。
古い書籍には「猫よけ薬として壁にタマネギの汁を塗る」といった方法が記載されていることもあるようです。

チョコレート・ココア・甘いお菓子類

カカオに含まれるテオブロミンという物質は猫にとって毒となってしまいます。
物質を分解できず、嘔吐や下痢の原因となり、最悪の場合は命を落とすこともあります。
その他お菓子類の甘いものも糖分が高いので与えない方がいいでしょう。
飼い主がチョコレートケーキを食べているときにせがんできても、絶対に与えてはいけません。
猫のお菓子は、キャットフードなどのペット用のおやつで補ってください。

カフェイン・アルコール飲料・コーラ

コーヒーや強壮剤などに含まれるカフェインには、中枢神経に対する強い興奮作用があります。
人間が摂取すれば「頭がスッキリ!」程度ですが、人間でも子供でも良くないだけではく、体の小さな猫が体内に摂取すると、体調不良の原因になります。
犬・猫における致死量は、体重1kg当たりおよそ150mgとの事です。
アルコール飲料も猫の肝臓はアルコールを分解するようには発達していません。
少量でも酩酊状態になり、内臓が機能障害に陥る危険性があります。冗談半分でも飲ませるのはやめましょう。

ぶどう・レーズン

理由は定かではないものの、嘔吐、下痢、腎機能障害になる恐れがあります。
猫の症状に関してはまだ不確定で解明されていませんが、犬での臨床報告では亡くなってしまった例も報告されているので、猫にも絶対にあげないでください。
レーズンを含んだパンも危険です。
ぶどうの中に猫が必要としている栄養素は存在しませんので、原因がはっきりするまでは与えないに越したことはありません。

貝類・生の青魚・刺身など生の魚介類全般

あわび・サザエなどの貝類

あわびの内臓(中腸腺)に含まれる「フェオフォーバイド」という物質が皮膚炎の原因になることがあります。
皮膚の薄い耳の血管内にこの物質がたどり着くと、紫外線と反応して炎症を起こし、最悪のケースでは耳が取れてしまうこともあります。
「アワビを食べると耳が落ちる」という通説はここからです

イカ・タコ・スルメ

イカやタコは酵素チアミナーゼがビタミンB1を分解してしまうため、ビタミンB1欠乏症を発症してしまうとされています。
生のイカの内臓や二枚貝(ハマグリ)には、チアミナーゼというビタミンB1を分解する酵素が多く含まれているため、ビタミンB1欠乏症を起こすことがあります。
食欲低下・嘔吐、さらに進むと、瞳孔が開き、歩き方がフラフラになります。「イカを食べると猫の腰が抜ける」という通説はここからです。
また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると危険です。

生の豚肉・大量のレバー

犬や猫だけではなく、人間も気をつけなければならない食材の一つです。
生の豚肉の多くはトキソプラズマという寄生虫がいます。この寄生虫、十分に加熱しないと死滅しません。
またこのトキソプラズマは「人獣共通感染症」ですので、猫の排泄物が何らかのルートを通って人間の口にはいると、人間にも感染してしまいます。
生の豚肉や輸入豚肉は必ずよく加熱してから与えて下さい。
レバーには、ビタミンAやB群が豊富に含まれていますが、ビタミンAは脂溶性ビタミンと呼ばれ、過剰分は排出されず、体内に蓄積されてしまいます。
結果として「ビタミンA過剰症」となり、骨の変形などを起こすことがありますので注意が必要です。

アボカド

アボカド果実、種、葉などにはペルシンという物質が含まれており、人以外の動物に与えてはいけません。
下痢や嘔吐などの症状や、胃、腸の炎症が発症したりします。最悪の場合、命をおとす恐れもあるので絶対に食べさせないでください!
犬や猫以外でも、ウマ・ウシ・フェレットなどの動物に与えても中毒症状を起こし、痙攣・呼吸困難などに陥ることがあります。
アボカドの取り扱いには細心の注意を!

人間用の牛乳

猫は牛乳に含まれる「乳糖」(ラクトース)を分解する酵素である「ラクターゼ」をもたない個体がたくさんいます。
無理に牛乳を飲ませても下痢をするだけなので、猫用のミルクを与えるようにしましょう。
人間でも、遺伝的にラクターゼを持たない人間もたくさんおり、牛乳を飲むとおなかを下す方がおります。

人間用の食べ物

人間用の食べ物は、体の小さな猫にとっては塩分の高いものばかりです。
犬や猫を飼われている方の中には、残飯を与えている方もいるのではないでしょうか?
「ねこまんま」など塩分が加えられている人間用の食物を与えるはやめて下さい。

禁止されている食品を猫が食べてしまった時には?

気をつけていても、上記のような食べ物を愛猫が食べてしまった…そんな時は速やかに、すぐに動物病院で診てもらって下さい。
ネットに書いてある情報を頼りに、飼い主が自己判断するのは禁物です。
猫は、同種で群れずに単独で狩りをして生きる動物でなので、弱味を見せることは野生の他の動物に襲われる危険を増大させます。つまり、重篤にならない限り弱ったところを見せないので、飼い主としても気づきにくいのが悩ましいところです。飼い主は日頃から、こうした食べ物が猫の目につかない場所に保管して下さい。

サービスメニュー

暮らしの困っに、お気軽にご相談ください TEL 0120-188-939 24時間365日お見積り無料

サービスメニュー

  • facebook
  • twitter
PAGETOP