1時間2,000円~世田谷店 (目黒区・渋谷区同額):ゴミ屋敷・空き家の粗大ごみ・不用品片付け、お庭の草むしり・剪定、さらにはワンルームの引越、遺品整理、事件現場(孤独死、自殺)の清掃・オゾン消臭からゴキブリ退治、汚物回収、動物の死骸処理まで 【深夜・早朝対応可】【年中無休】【24時間体制】

MENU

犬猫殺処分ゼロの定義明確化:環境省方針へ

環境省は、2012年に改正された動物愛護法での都道府県が引き取った犬猫の譲渡に努める義務に関して、自治体が掲げる犬猫の「殺処分ゼロ」の定義を明確化し、譲渡が難しいケースを除外する方針を固める。

この方針が定められた要因は、自治体が「殺処分ゼロ」を急ぐあまり、動物愛護団体に次々に譲渡し、シェルターが過密状態に陥るケースが起きており、対策の一環として明確な定義を定めるに至ったようです。

譲渡が難しいケースとして、病気や攻撃性も持つ場合などで、2016年では「譲渡が適切でない」とみなされた犬猫は約1万6千匹に上ったとの事です。

2012年に改正された動物愛護法より、多くの自治体が「殺処分ゼロ」を目標に掲げたことで、殺処分される犬や猫の数は近年大幅に減少しております。

2018年4月13日には、東京都が2017年度に犬の殺処分ゼロを2年連続で達成し、猫の殺処分も前年度の94匹から16匹にまで減ったと発表しました。

現在(2018年4月)、東京都は新たな飼い主を見つける譲渡会のPRに力を入れており、また、17年度からは、離乳前の子猫を引き取ってくれた団体や個人に、哺乳瓶や粉ミルクを無償で提供する事業も行っております。

東京都が募集対象のペットの里親募集情報「ペットのおうち」HP

http://www.pet-home.jp/tokyo/

しかしその陰で、自治体の収容施設や民間の動物愛護団体が、殺されずに済んだ犬や猫を抱えきれなくなり、伝染病のまん延や多頭飼育崩壊が起きるなどの深刻な事態が進行しているようです。

どう減らす?犬・猫の殺処分 – NHK クローズアップ現代+ -2018年1月24日(水)放送

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4090/

また、犬・猫を大量生産する悪質なペット業者の存在も問題としなければなりません。

ペットブームと共に拡大を続けてきたペット市場の市場規模は1兆4,000億円に上るともいわれております。

そんなペットブームの中、劣悪な環境で「飼育」し、不要になった・売れ残った、売れないとの理由で処分される犬猫も社会問題となっております。

「およそ20畳ほどのその小屋は、地面に丸太を立て、屋根代わりに穴があいたトタン板を張っただけのもの。いくつかの壁面には、壁板の代わりにサイズの合わない窓枠が大雑把にはめられていた。建物は斜めに傾き、隙間からは雨風が吹き込む。そんな中に、痩せ、怯えた犬猫がそれぞれ入った小さなケージがいくつも積まれていた。そこら中にクモの巣がはっていた。」

動物たちを劣悪な環境で「飼育」していた犬猫販売業の60代男性が、動物愛護法違反(虐待)の容疑で、公益社団法人日本動物福祉協会から刑事告発された際の状況です。

「在庫」「廃棄」となった犬猫たちが、処分されております。

動物は商品ではない!!

家族となる命に対する規制強化・監視強化を願うばかりです。

追跡!ペットビジネスの闇 – NHK クローズアップ現代+ -2016年5月26日(木)放送

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3811/1.html

(参考)平成16~28年度の犬・猫の引取り状況

年度 合計
引取り数 返還・譲渡数 殺処分数 引取り数 返還・譲渡数 殺処分数 引取り数 返還・譲渡数 殺処分数
平成16年度 181,167 25,297 155,870 237,246 4,026 238,929 418,413 29,323 394,799
平成17年度 163,578 24,979 138,599 228,654 3,936 226,702 392,232 28,915 365,301
平成18年度 142,110 28,942 112,690 232,050 4,427 228,373 374,160 33,369 341,063
平成19年度 129,937 29,942 98,556 206,412 6,179 200,760 336,349 36,121 299,316
平成20年度 113,488 32,774 82,464 201,619 8,311 193,748 315,107 41,085 276,212
平成21年度 93,807 32,944 64,061 177,785 10,621 165,771 271,592 43,565 229,832
平成22年度 85,166 33,464 51,964 164,308 11,876 152,729 249,474 45,340 204,693
平成23年度 77,805 34,282 43,606 143,195 12,680 131,136 221,000 46,962 174,742
平成24年度 71,643 33,269 38,447 137,745 14,858 123,400 209,388 48,127 161,847
平成25年度 60,811 32,092 28,570 115,484 16,320 99,671 176,295 48,412 128,241
平成26年度 53,173 31,625 21,593 97,922 18,592 79,745 151,095 50,217 101,338
平成27年度 46,649 29,637 15,811 90,075 23,037 67,091 136,724 52,674 82,902
平成28年度 41,175 30,500 10,424 72,624 26,886 45,574 113,799 57,386 55,998
(注)
16,17年度の犬の引取り数は、狂犬病予防法に基づく抑留を勘案した推計値である。

サービスメニュー

暮らしの困っに、お気軽にご相談ください TEL 0120-188-939 24時間365日お見積り無料

サービスメニュー

  • facebook
  • twitter
PAGETOP