現在、 国立科学博物館(東京・上野公園)で特別展「日本を変えた千の技術博」 が開催されております。

車やブルドーザー、蘇言機(そごんき)、「はやぶさのイオンエンジン運用記録」、八木・宇田アンテナなど、600点を超える科学技術の名作たちが大集合!!

明治から平成の日本の科学・技術がずらりと展示されており、私たちの生活・社会を変えてきた昔懐かしい製品や技術、エピソードなどが空前の規模で展示紹介されている科学展覧会です。

家族で楽しめる内容となっておりますので、ぜひご家族で楽しんでみては如何でしょうか。

音声ガイド(有料)で解説付きでも楽しむことが出来ます。

【開催概要】

◇主催 国立科学博物館 日本経済新聞社 BSテレビ東京

◇協賛 NEC、島津製作所、セイコーホールディングス/セイコーウオッチ、

    ニコン、桃谷順天館/明色化粧品、安川電機(五十音順)

◇会期 2019年3月3日(日)まで

       休館日など詳細は公式ホームページをご参照ください。

   http://meiji150.exhn.jp/

◇会場 国立科学博物館(東京・上野公園)

◇入場料(当日券) 一般・大学生1600円、小・中・高校生600円

ギャラリートークも開催されます。

◇「化学遺産ズラリ~わかる!日本の化学研究と化学産業のあゆみ その2」

深海サメの肝油やヒノキ、ウルシの成分など天然の生物がもつ成分の研究を中心に、

日本の先進的な化学研究分野に焦点を当ててお話をします。

最初の女子大学生誕生や「吾輩は猫である」にも登場した薬のお話も!

〇日時:2019年1月11日(金) 午後6時30分~午後7時

〇講師:国立科学博物館理工学研究部長 若林文高氏

〇参加費:無料

(ただし「日本を変えた千の技術博」会場内に入るための入場料が必要になります)

◇「蓄音機、炊飯器、水車など、これらを共通に動かす不思議な仕組みについて」

蓄音機やエンジン、水車には、力を自動的にコントロールする小さな部品がついています。

これがないと、機械は目的の動作をせず、壊れてしまいます。

「千の技術博」の展示品を例に、機械技術発達の陰の主役をご紹介します。

〇日時:2019年1月18日(金) 午後6時30分~午後7時

〇講師:国立科学博物館理工学研究部科学技術史グループ長 前島正裕

〇参加費:無料

(ただし「日本を変えた千の技術博」会場内に入るための入場料が必要になります)

◇「侍はどうやってサイエンティストになったのか?」

〇日時:2019年1月25日(金) 午後6時30分~午後7時

〇講師:国立科学博物館理工学研究部 有賀暢迪

〇参加費:無料

(ただし「日本を変えた千の技術博」会場内に入るための入場料が必要になります)

【SNSでも話題の”科学技術の名作たち”】

◎「蘇言機(そごんき)」日本初の録音機 重要文化財

◎「コマツブルドーザーG40」国産初のブルドーザーの数奇なストーリー!

◎「コスモスポーツ」実用ロータリーエンジンを搭載した市販車

◎「はやぶさのイオンエンジン運用記録」打ち上げからの記録、初公開!

◎「二式一一五○馬力発動機」隼や零戦にも搭載された航空機用エンジン

◎「Izoma射出成形機」潜水艦で運ばれた戦後日本のプラスチック産業の立役者

◎「アズレン系化合物標本」美しい色の芳香族化合物!

◎「エジソン クラスM」エジソンが明治天皇に献上した蓄音機

◎「ワイヤレステレホン」1970年の大阪万博で大人気のコードレス電話!

◎「HITAC5020」この配線を見よ!!わが国初の大型コンピューター

◎「カイコの品種改良」わが国の近代化を支えた重要な技術

◎「陸羽132号」宮沢賢治も推奨、冷害から多くの人々を救った稲

◎「分割陽極マグネトロン」レーダーや電子レンジの心臓部

◎「八木・宇田アンテナ」世界中の屋根の上で現在も活躍

◎「パーソンズタービン」最古級のタービン