今月から、東京都狛江市は、災害時に障害者が着用できるベストを新たに200着作製し、配布を始めました。

災害ベストには、「支援が必要です。」「目が不自由です。」「耳が不自由です。」など明記され、障害者であることが一目でわかるようになっています。

ただし、対象は、狛江市民である必要がある為、世田谷区民・目黒区民・東京都民は対象外となっております。

制作費は、1着:7,000円ですが、全国で制作されればもっとコストダウンが可能なはずです。

ぜひ、世田谷区・目黒区・そして、東京都・全国でもこのような事業が行われる事を願うばかりです。

 

詳しくは、下記ページをご覧ください。

都内初 視覚障がい者用災害ベスト「こまベスト」の開発

https://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/46,11878,377,pdf/1besuto.pdf