ダイハツハイゼットカーゴのリアゲート(バックドア)の破損(自損)

ダイハツハイゼットカーゴのリアゲート(バックドア)の破損(自損)

 

便利屋本舗世田谷店の飯島でございます。

当店の作業車である、ダイハツハイゼットカーゴのリアゲート(バックドア)破損させてしまいまた。

原因はバックドアを開けた状態で、そのままバックし、壁に激突させてしまったというモノです。

当然修理をしないといけないのですが、ダイハツのディーラー店へ持っていったところ、約15万というお値段でした。

ディーラー店のお見積金額詳細(バックドアパネル交換)

作業内容 部品単価 技術料 合計
バックドアパネル交換 49,280 17,376 66,656
バックドアウエザストリップ交換 6,710 6,710
バックドアエンブレムNO.1交換 3,025 3,025
バックドアネームプレートNO.1交換 407 407
RrボディーネームプレートNO.1交換 1,529 1,529
左バックドアアツパヒンジ交換 1,485 1,485
右バックドアアツパヒンジ交換 1,485 1,485
バックドアガラス脱着 17,376 17,376
ガラス接着剤交換 5,500 5,500
配線・配管費用 5,500 5,500
ショートパーツ 1,100 1,100
塗装費用 38,921 38,921
合計 150,484

ディーラー店での修理費となるとそうなるのかなと言った感じでした。

ただ、あくまでも作業車ですので、新品のバックドアで交換もする必要がないので、お世話になっている中古車店で中古のバックドアで交換修理をして思うことにいたしました。

皆様も、別に新品同様に修理じゃかくとも、とにかく安くすませたいと言った方もいらっしゃるかと思います。

特に、仕事用の作業車となれば、キズ・凹みは当たり前で使用しているかと思います。

ディーラー店の作業料が高くなるのは、新品に交換・他、塗装・不要だと思ヶ所でも不具合が出ないかの点検、交換など細かい作業料金が含まれているという事もあり、高くなります。

破損個所を中古の部品で交換で済ませたい場合には、オークションなどで解体分解した部品が結構出回っておりますので、

今回のような場合には、ディーラー店で修理を依頼するのではなく、中古車店や車修理工場へ相談してみるとお安く修理する事が出来ます。

当店がお世話になっている中古車店で、修理等のしているところですが、こちらに相談したところ、約5万でお願いできることになりました。

もし、皆様も同様なケースがありましたら、車の修理屋さん、板金屋さん、中古車店などにいろいろと相談してみて下さい。